絵本作家きくちえつろう

「きつねの森」

「コンコン神社の銀のかぎ」

そして

「コンタがたいへんだぁ」

絵本ができるまで・・・

 

だれにだって

「絵本」が書けるよ。

 

子どもたちと

生活から生まれた「絵本」。 

「きつねの森」

山形市の鈴川小学校の先生をしていた頃、吹奏楽部の顧問をしてました。その年の曲は「フオックスフアイヤー“きつね火”」でした。とっても素敵な曲で、6年生の女の子が「先生、お話が浮かんできそうな曲だね」と話をされました。「だったら、先生もお話考えてくる!」と伝えました。その夜一気に書き上げたのが「きつねの森」です。さっそく次の日、その生原稿の読み聞かせ。そしたら、演奏の感じが変わったのです。メリハリのある温かい曲の流れになったのです。「わたしの作る物語がこんな風に伝わるんだ!」と思って、「だったら、形にしよう!絵本にしよう!」と絵本作りが始まりました。その当時の山形大学で美術を学ぶ「いたさかきよこ」さんに絵を描いてもらい、「きつねの森」が誕生しました。絵本完成の日、吹奏楽部の演奏する「フオックスフアイアー」ともに、「きつねの森」の読み聞かせ。「きつねの森」出版記念コンサートが開催されました。

「コンコン神社の銀のかぎ」は、山形市の北にある「神明神社」にまつわるお話です。その神社の立て看板に「銀の鍵」のお話が書いてありました。その村に住む人たちが、「伊勢神宮」から守りうけた「銀のかぎ」をみんなで守ってきたことで、水害や台風など、災害に見舞われることなく平和に過ごしてこれた、というお話が元になってます。神社を取り囲む生き物や自然を描きました。「みんなで力を合わせることの大事さ」を、子ぎつねのコンタを取り囲む仲間と一緒に書き上げました。

「きつねの森」「コンコン神社の銀のかぎ」に続く「きつねの森シリーズ」第3弾は、「コンタがたいへんだ!」

コンタが突然いなくなった!コンタは、森のはずれの川にいた。「サケ」が上ってくる川のほとりにいた。コンタが見つめていたのは、その川をいつも見ている「カンスケじいさん」

少しずつ少しずつ、コンタとカンスケじいさんとの距離が縮まって行く。次第にカンスケじいさんの不思議な魅力に取りつかれて行く。

カンスケじいさんの生き様とコンタとの不思議な関係。どんな物語かは、もうちょっとお待ちください。ただいま製作中です。今年の秋の終わりころ発売予定です。